背中ニキビにお困りの方へ

思春期のニキビ治療には「イオウ」が効果的!

ケア方法について思春期になると、ニキビができることがありますが、これは
性ホルモンの働きが活発になるため、皮脂の分泌量が
増えるためと考えられます。

Tゾーンは主に皮脂の分泌量が多くなりがちな部分ですが、
顔じゅうに皮脂の影響が出ることも少なくありません。

顔中にできたニキビ

思春期は、それまでに比べて皮脂が多くなって
顔がてかてかと光りやすいのが特徴です。

10代のニキビ治療では、イオウ成分が配合されたものが処方されます。

二層になったローションは古くから使われていますが、
ニキビを清潔に保ってくれる働きが期待できます。

イオウには、皮脂を吸着してくれる働きがあるためニキビ治療には最適です。
市販のニキビ用の化粧品などにも配合されており、テカリを抑える成分としても優秀です。

ニキビ治療は、年代によって使うべき成分は異なりますがイオウで改善しない場合には、
ロキシスロマイシンが使われることもあります。

ロキシスロマイシンは内服薬で、服用することでニキビの菌が繁殖しすぎるのを防いでくれるのが特徴です。

軽度のニキビ治療では使われることがありませんが、化膿したり重度のニキビ治療では効果を発揮します。
ニキビ治療は、思春期の場合清潔にして悪化させないようにしておくことで、時期が来ればなおるケースがほとんどです。

そのため、イオウ成分が配合された製品を上手に使って皮脂をコントロールして、
炎症がひどい時にはロキシスロマイシンを使ったニキビ治療をするのが良いでしょう。

跡を残さないようにするためにも、早期のニキビ治療は非常に効果的です。適した薬

クリニックを受診すると、最適な診断に基づいた薬が処方されますので
10代になってニキビが出てきたという方にお勧めします。

市販の薬でも、イオウが配合されたものがありますので受診しない場合にはそういうものを使うのも有効です。

気になる部分に塗っておくと、皮脂を吸収してくれる役割が期待できますしテカリも抑えてくれます。
悪化するようであれば、クリニックを受診して適切な治療を受ける必要がありますが、
10代のこうした症状は一過性であることも少なくありません。

ニキビ治療をしていても改善しない場合には、薬が合っていない場合があります。
大人になっても治らなかったり、余計にひどくなってしまった場合には
別の原因が隠れていることがあるので注意が必要です。

若い時のニキビは、清潔にて皮脂を上手にコントロールすることが重要で、必要に応じて内服薬を飲みます。